恋愛

「普通の恋愛できないの?」

 

先日、友人に言われた一言である


正直「普通」の定義がよくわからないが、多分「普通」というには、

告白されたり、

学校の帰り道を一緒に帰ったり、

原宿でクレープを食べたり、

校舎の屋上で初めてのキスをしたり、

誕生日に熊のぬいぐるみを貰ったり、

SNSでツーショットの写真と共に「〇〇ヶ月記念日❤️」と書いて「ほーんとお似合いのカップル❤️」などと言われて浮かれることが普通なのだろう。。。


そう考えると今までにこんな恋愛はしたことがないと思う


私の恋愛は、どちらかと言うと追いかけるタイプなので、どんなに冷たく、どんなに放って置かれていても後をついて行ってしまうため、友人からは「もっと大事にしてくれる人を探しなさい!」と注意されることが多い

 

しかしその場合の大体が片思いで終わるので自分の負傷はさほど大きいものではない

 

問題は、実際にお付き合いする人物が中々難ありなところにあると思う


と言うのも、私が今までに付き合ってきた男性は所謂「非モテ、非リア、草食系」だったからだ
文字からでも伝わるこの童貞感

 

私からすると堪らないのである


彼らは今まで女性とほぼ付き合った経験がない
中には初めて女性と手をつないだと言う人もいた

デートの計画立てほど悲惨なものはない
奥手すぎるゆえに意思疎通が難しいこともあった
キスを顎にされたこともある


でもこの初々しさがとにかく良い
一生懸命な所にまたキュンとときめいてしまうのである


高校時代カナダで過ごしていた所為か、恋愛ドラマなんかで見る淡い青春を十代で経験していない私にとっては最高なのであった

 

しかしその楽しさは束の間
出会いがあれば別れもある

 

彼らは蛹から帰った蝶の如く去っていく
女性と付き合ったことで自信をつけた彼らは、「男」にしてくれた女を忘れて世界へと飛び立っていくのだ

この切なさたるや、、、、!

 

だから女性諸君!
今君の恋人がかっこよく、スマートで、頼り甲斐があるのは我々の様な人物がいたお陰なのである!
感謝していただきたい!!

 


そんな私のタイプは、見た目が村上虹郎くんで中身がみうらじゅん

 

私の「理想の恋人」探しはまだまだ続きそうである