性格

悲しいことに、人間、息をしているだけで何かしらの難を他人から付けられる事がある。

 

いい例(悪い例?)が私のルームメイトである。

職場で黙々と作業をしているだけなのに陰口を叩かれたことが何度もあると言う。

 

 

それとは別だが、学校でのいじめや、痴漢の冤罪なんかも、もしかしたらその延長線上にある出来事かもしれない。
そしてその被害者達の多くは、物静かで、繊細な、か弱い人物だったりする。
可哀想だが、悪い言い方をすれば彼らは"カモにされやすい"人達なのだ。

 

だから多くの人は、社会に存在するライオンの様な人物に嫌われないように、目をつけられない様に、相手の顔色を伺いながら気を遣って生きていく

 

常に他人と調子を合わせ、己を殺して生きていくのだ
「自分らしく、ありのままで生きる」ことが美談として語られるが、果たして本当にそう生きている人、生きてこれる人はこの東京でも何人居るのだろう。

 

 

 


「私、人から嫌われないんで」

だから彼女のこの一言には面食らった

 


容姿端麗

生まれも育ちも港区一等地。

生粋のお嬢様ながら趣味は野球、某海洋大学に進学し夢は船長。

先日も東南アジアを一人でバックパックで一周した彼女は私のバイト先の友人だ。

 


「私、人から嫌われないんで。嫌われるような行動は取らないし、嫌われる要素はゼロだと思います。小学生の時に一度だけ、上履きにまち針が入っていたことがありますが、なんだったんですかね。間違って入ったんだろうと思って捨てました」

 

「いじめ?ではないと思います。万が一喧嘩をふっかけられたとしても私には勝てる自信があります。細い子ならば瞬殺です」

 

 


ここまで言われると、面食らうと言うよりもクリティカルヒットを2発3発顔面に食った感じがする。

フルボッコ状態だ。

 


そして彼女。思った事は口にするタイプでもある。もちろん、相手に向かってだ。

 

頑固な相手に「病気なんですね」
恋愛を拗らせている子に「被害者ぶるのやめた方がいいよ」
バイトのオーナーが疲れたと言うと「それ、バイトの子が言う台詞ですよ」

 


一度彼女と一緒に興味本位でホストクラブへ行ったことがある。
席に着いたホストから渡された写真付きの名刺を見て一言、「え、これ詐欺じゃん。整形ですか?フォトショ?」と聞いていた。
さすがのホストも目が点だ。そりゃそうだ。暗黙の了解ってもんがあるだろ、姐さん。私は隣で腹を抱えて笑っていたが。
(ちなみに4時間のフォトショ加工を施した写真だったらしい。)

 


上履きの中の針。典型的な嫌がらせさえ「間違って入った」と思う神経の図太さ。


ただ単に鈍感なのかもしれない。その鈍感さ、バイト先のオーナーの言葉を借りれば「村八分にされたとしても気がつかないレベル」だろう。

 

そして物怖じしない姿勢と言動。

 

多くの人が出来ることではない。先ほど言ったように、そう言った態度は人から反感を買う確率が高くなるからだ。


しかし、彼女を慕う人は多い。もちろん私もその一人だ。
正直で明るく、さっぱりとした性格。
物静か、繊細、か細さとは正反対に位置している事などなんのそのだ。

 

彼女こそ「自分らしく、ありのままに生きている」人物。
難しいかもしれないが、それが一番人に好かれる生き方なのかもしれない。